2005年 01月 24日
マクラーレンMP4-20、バルセロナで初走行!
マクラーレンMP4-20、バルセロナで初走行!
マクラーレンMP4-20が、バルセロナでシェイクダウンされたようですね。
写真で見る限り、あまり変わったところのない、コンサバティブな印象を受けますが、MP4-19Bがけっこう速いマシンだったので、正常進化型ってことなんでしょうかね?
特徴としては、フロントウイングがでかい、っとところでしょうか?
なんか写真でみると3エレメントありますね。
レギュレーションの変更でフロントウイングの位置がリファレンスプレーンから15cm上ってことになって、減少するダウンフォースをおぎなうためにでっかいウイングで対応しよってことなのかな?サイドポンツーン下のしぼりこみは19Bと同様、ぎゅっと絞り込まれてるようですね。

a0014685_21123521.jpg


a0014685_21145257.jpg

a0014685_21151732.jpg

[PR]

by FrontWing | 2005-01-24 21:12 | F1


<< ルノーの新車、今週デビューへ      さて、問題です。  >>