2004年 07月 11日
予選一回目ゆっくりゆっくり作戦!
ついに恐れていたことが現実になってしまった。
それは、シーズン前から、密かに恐れられていた、世界最速を競うF1の禁じ手ともいうべき必殺の作戦、予選一回目ゆっくりゆっくり作戦がついにその封印を解かれ、今シルバーストーンサーキットにその姿を現したのだぁぁぁああああ!!
・・・などと盛り上げてみても、おもしろくないものは、面白くなりませんな。
しかも、各チームの天気予想はあたらず、かんじんの雨は降らないで、結局ドライで予選は終了というオチもつかない結果とは・・・。
(とほほ)

だからいわんこっちゃない。大体今のルールじゃ、予選一回目になんの意味があるんじゃい!!
こんなことになるは、最初からわかってるじゃんか。
せめて一回目と2回目のタイムの合計にする、とか、どういう条件でも速いほうが、有利にしないと、だめでしょ。
予選2回目に最初に走りたいから、一回目は出走しない、という手もあるわけだし、
わざわざサーキットまで見に行ってる客を馬鹿にするなー、といいたい。

てなわけで、FIAのえらいひと、なんとかしてねー。
鈴鹿で予選一回目ゆっくりゆっくり作戦したら怒るぞー!
ぶーぶー。
[PR]

by FrontWing | 2004-07-11 00:08 | F1


<< 帝国の逆襲!?      F1イギリスGP予選結果 >>