2004年 07月 13日
F1イギリスGP ミハエルシューマッハ通算80勝!
予選一回目で、2回目の予選で雨がくることを予想しての、前代未聞のゆっくり走るマシン続出のイギリスGPでしたが、結局おわってみれば、勝ったのは、いつものあごオヤジ、おっと失礼、ミハエルシューマッハでした。
今回は2ストップ作戦をとってきましたね。しかもライコネンのペースをダウンさせて、バリチェロに2位をとらせようという作戦をつかってくるあたり、マシンの性能以上に、作戦面で、他のチームよりリードしているな、と思いました。
ロスブラウンの緻密な作戦とそれを実際に遂行できるミハエルのコンビは、多少マシンやエンジンで上回っても、勝つのはむずかしいかもしれませんね。
ホンダのエンジニアが、フェラーリが戦略でいろいろやってくるけど、うちはエンジンの力でバーンとやって勝つ、みたいなことをいってましたが、ちょっとそれでは勝てないんじゃないの?と思ってしまいます。
[PR]

by FrontWing | 2004-07-13 01:50 | F1


<< ようやくマクラーレンが復活して...      F1イギリスGP 佐藤琢磨のエ... >>