<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 30日
F1バトン
qnotさんから引継ぎました、F1バトンですっ!

samuppeさんご提案、Agathaさん発でfullcolor38さんqnotさん というふうにまわってきました!

①PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?
容量は意外にすくなくて、600KBくらいででした。
ほとんどがWebサイトからダウンロードした画像ファイルです。
あ、じつはPCを複数台もってて最近つかってない、古いPCにはもっとはいってるはずですが・・。

会社のPCの壁紙はマクラーレンMP4-17B+キミライコネンの画像をつかってますが、以前ウイリアムズでした。マクラーレンもそろそろ半年くらいつかってるので、そろそろ変更しようかな、とおもっています。今年意外な活躍をしてるレッドブルとか、いいかもね。
スクリーンセイバーは、ウイリアムズですね。

②今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど
・愛用しているF1グッズ
 グッズといえるほどのものではないですが、H2OっていうスポーツドリンクのおまけでついてたBARロゴ入りミニミニボールペンを携帯電話と会社のセキュリティカードのストラップにつけてます~♪

・雑誌
 F1速報
 F1グランプリ特集
 F1RACING

・チェックしている番組
 もちろんフジテレビ721のF1ライブ中継
 そして年末の総集編
 一応、フジテレビの地上波放送(もすこしなんとかならんか!)

・PCサイト(Webサイトtってことですよね?)
 もちろん、オフィシャルサイト
  ここのタイミングチャートはライブ放送をみるときはかかせません!
 F1-live.com
 F1Racing.jp 2005
Yahoo! Formula1
 ・・・Webサイトはまだまだたくさんあるけど、きりがないので、このくらいに・・・。


③最後に買ったF1グッズ
 購入したわけではないですが、去年の鈴鹿GPのチケットにトヨタの応援グッズ引き換え券がついてましたね。ポンチョ、キャップ、フラッグ、ブレスレットとあとステッカーとかがついてました。チケット自体は、友人のぴぃま氏がヤフオクでGETしてくれました。ぴぃま氏はレース期間中もいろいろお世話になりました。感謝!

④特別な思い入れのある5人のドライバー
・ミハエルシューマッハー
F1史上最強のドライバーでしょう。デビューレースの強烈な印象はいまものこってます。
ジョーダンからシーズン途中で参戦していきなり予選7位!
決勝はスタート直後にリタイアしてしまいましたが、その後ベネトンに移籍し、ワールドチャンピオンのピケより速い走りに、すごいドライバーがでてきたな、とおもいました。
将来はチャンピオンに?とおもいましたが、まさかこんなにつよいとは・・・。

・アイルトンセナ
個人的にセナのレースで一番印象に残っているのは93年のドニントンパークですね。
とくにオープニングラップの凄さは、TVをみていても伝わってきました。
ベンドリンガーをアウトからオーバーテイクしたコーナーなんて、TVみてて、ぜったいコースアウトするとおもわれるスピードとおもったのに・・・。すごすぎます。

・アランプロスト
レーサーという人種はみんないけいけどんどんの人たちだという認識を覆してくれたのが、この人でした。ニックネームのプロフェッサーというのはまさに彼のためにあるようにおもいます。
日本ではセナ人気の影響からか、某アナウンサーの影響か、セナほど人気がなかったようですが、個人的には好きなドライバーでした。レーサーらしくないところが。

・ナイジェルマンセル
プロストとは正反対なタイプのようにおもわれる、この人ですが、わたしはとってもすきでしたね。この人の意外性というか、なにをしでかすかわからないところが。
当時最強のFW-14Bで結果的にはぶっちぎりでチャンピオンになりましたが、それでもなにかをしでかすのではないか、という気がして、ぶっちぎりでトップを走っているときでも安心してTVをみてはいられませんでした。このへんが上記の3人とちがいますねー。
それいがいにもキルスイッチをさわってしまい、エンジンをとめてしまったり、黒旗を無視してはしりつづけセナをリタイアに追い込んだり、チャンピオンを争っている大事な時期なのに、サッカーで足首をいためたりと、このひとがいたころのF1はおもしろかったような。
それでいて、ウイリアムズにスポットで参戦してデーモン、シューマッハを差し置いてレースに勝ってしまったりと、速くて凄いドライバーと思わせるときもすくなくなかったです。

・ミカハッキネン
シューマッハーが唯一恐れたドライバーにして宿命のライバル、というところでしょうか。
2001年ベルギーGPを観にいったのですが、そこであの、歴史に残るオーバーテイクをみせてくれました。予選での鋭い走りも印象深いですし、93年アンドレッティ、セナの影でサードドライバーであったシーズンで、アンドレッティがいなくなったポルトガルGP(だったかな?)でマクラーレン初レースの予選でセナをアウトクオリファイしたのもとても印象に残ってます。
なによりセナがややあせってるかんじが・・・。セナを予選で下すことの意味は・・・おわかりですよね。

・デーモンヒル
セナのあの事故によりウイリアムズのファーストドライバーに祭り上げられ(?)怪物シューマッハーと対決することを義務付けられてしまった、というかんじがしてました。
94年、95年と最強といわれるウイリアムズのマシンが手にありながら、苦しいシーズンを送りましたが、96年にチャンピオンをGETしたときはなんだかうれしい気持ちになりました。
あと、94年の鈴鹿GPでの雨の2ヒートレースでシューマッハに勝ったレースも印象にのこってますね。
・・・あれ、6人になっちゃった。でも他にもたくさんいるんですよねー。
さいきんでは、ミナルディからデビューしたときのアロンソも、ミナルディーのマシンで、プロストGPやジャガーをアウトクオリファイしたりしてこいつはすごい、とおもってました。
それからやはり佐藤琢磨!彼は日本人というだけでなくて、F1ドライバーとして普通にすきなドライバーですね。
あと日本人では、井上高千穂!たしかリタイアしたレースでマシンからでた火を消そうとして消火器をもってマシンにかけよったときにマーシャルカーに轢かれてしまい、しかもそのときのライブ映像が流れてました!「あ、あぶない!」と。
レースの生中継でレーサーが車に轢かれる瞬間が放送されるなんて・・・。


⑤バトンを渡す2人
さて、これがじつは難しい。
キャビン85さん、どうでしょうか?
[PR]

by frontwing | 2005-06-30 02:46 | F1
2005年 06月 23日
BMW ザウバーの買収を発表
おっと、いきなりビッグなニュースが!
(といっても以前からうわさはありましたけどね。)
買収額っていくらくらいなんでしょうかね?

あとウイリアムズがどうするのか、興味があります。
BMWワークスではなくなってしまうわけで、カスタマー仕様のエンジンでは今のF1では勝負にならないでしょうから、コスワースあたりとワークス契約をGETするつもりなのかな?
むかしのよしみでホンダエンジンといううわさもありますし、トヨタエンジンをつかうという話もあったような??
しかしこれらの場合でもやっぱりカスタマー仕様になるでしょうから、現実的にワークスをえらうなら選択肢はコスワースしかないような気がします。
BMWに先に発表されてしまって、ウイリアムズは交渉がやりにくくなるような気がしますが、そのへん話がすでについているのでしょうかね?
なんにしてもウイリアムズの動向が気になります。
カスタマーエンジンしかないチームにバトンが移籍するかどうか?とかね。
[PR]

by frontwing | 2005-06-23 03:11 | F1
2005年 06月 21日
F1アメリカGP 結果 そして・・・。
ミシュランユーザーの14台がフォーメーションラップ後にピットインしてそのままリタイアするという異常な状況でスタートしたF1アメリカGPですが結局勝ったのはフェラーリのミハエルシューマッハでした。一回目のピットストップのあとはバリチェロが前にでていたのですが、ミハエルの2回目のピットストップのあときわどいタイミングでコースにもどり、バリチェロは衝突をさせるため?にコースオフ!その後、実質的なポジションキープ(=チームオーダー)の指示があったようで、そのままゴールという結果でした。
3位はジョーダンのモンテイロ!彼は今シーズン全線完走ということで地味ながらきっちり仕事をしてますねー。チームメイトが初のインド人ドライバーで走りもスピンしたりコースオフしたりと派手?なのでやや影に隠れてる感じはしますが、仕事きっちりでオリビエ・パニスみたいなかんじですかね。

しかし、ミシュランさん、せめて1セットはレースで走れるタイヤをもってきれくれないとこまります!!今回のミシュランタイヤは星0個だー!
レースを見に行った人はがっかりだったろうなー。
日本からいった人もけっこういたのではないでしょうか?
去年佐藤琢磨くんが表彰台にあがったサーキットですしねー。

これでチャンピオンシップが、
1. F.アロンソ       59
2. K.ライコネン      37
3. M.シューマッハ    34
4. R.バリチェロ      29
5. J.トゥルーリ       27
6. N.ハイドフェルド 25
とミハエルが3位につけてるんですねー。
混戦になっておもしろくはなってきましたが、その原因がこんなんではやや興ざめですね。
フェラーリには実力で勝ってほしかったですが、まあ今回かれらはきっちりレースをしてたわけで非はないですね。
マクラーレン、ルノーもマシン自体の調子はよさげであったので、くやしい思いでピットインしたんだとおもいます。
ジョーダンとミナルディもきっちり完走してポイントGET!
こちらも自分たちのレースをしっかりやったので、OKでしょう。
あ!ってことは今季ノーポイントはBARだけじゃん!!a0014685_0274673.jpg
[PR]

by frontwing | 2005-06-21 00:27 | F1
2005年 06月 20日
F1アメリカGP
結局ミシュランユーザーのチームはフォーメーションラップでピットに入ってしまい、スタートしたのはブリジストンユーザーの3チーム6台のみという前代未聞のレースに!
うーむ、なんとかミシュランユーザーのチームを出走させる方法はなかったのですかねー。
[PR]

by frontwing | 2005-06-20 08:59 | F1
2005年 06月 20日
「 FIA ミシュランユーザーに対して決断を迫る」だって・・・
FIAも断固として特例措置とかはとらないようで、以下のなかから選びなさい、ということです。

1.ターン12と13を他のクルマを妨害することなくスロー走行する。
2.厳しいペナルティを覚悟のうえ予選で使用していないタイヤで走行する。
3.レース中に安全面を理由とするタイヤ交換を行なう。

はて、どうなることやら。
レース開始まであと30分ですが・・・。
[PR]

by frontwing | 2005-06-20 02:32 | F1
2005年 06月 20日
F1アメリカGP 予選そして・・・
ついにトヨタがポールポジションをGET!
やったねー!
・・・とよろこんでたら、なんと今回ミシュランが持ち込んだタイヤの安全性に問題があるようで、「 ミシュランユーザー 出走判断はレース直前か」などという情報が!
あわわ、せっかくポールをとったのに・・・。
そしてそして、「 ミシュラン アメリカGP欠場の意向を発表!」などという記事が
↓にありました。
http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=90153
えーどうなっちゃうんでしょう?
たしかに安全性に問題があるのではレースはできないけど、ミシュランチームででないってことは7チームが出走しないってことで、のこりはブリジストン、ジョーダン、ミナルディの3チーム6台だけってこと?
これじゃーイベントにならないでしょう?
はてどうなるんでしょうかね?
[PR]

by frontwing | 2005-06-20 01:56 | F1
2005年 06月 18日
F1アメリカGP
さて今週は、先週につづいてF1アメリカGPが開催されてます。
マクラーレンが好調のようで、これまでのセッションすべてでトップ!
フェラーリも調子よさそう。
いまいちなのがBARで、やや心配ですね。
ルノーは今回予選出走順が早いのでちょっと不利ですが果たしてどのくらいの位置につけてるか、興味があります。

ただいまフリー走行の3回目がおわりましたが、なんかアタックするドライバーがすくないですねー。
どうも最近のルールではマシンがコース上をあまり走らない傾向があるので、もっとコース上を走るようにしてもらいたいですねー。
特にレースを観戦にいった場合は、なるべくコースを走ってるマシンをみたいものですし。

さて、もうすこしでフリー走行4回目、そして予選の結果はどうなるかな?
たのしみたのしみ。
[PR]

by frontwing | 2005-06-18 23:55 | F1
2005年 06月 14日
F1カナダGP決勝~♪
なんとBARのバトンがポールポジションという驚きの予選でしたが、はたして決勝は?ということで、深夜の生放送みちゃいました!
ミハエルもフロントローにつけて、しかもここはミハエルが比較的得意そうなサーキットなので、良いスタートがきれれば、とおもってましたが、スタートはルノー勢が予選の不振がうそのような良いスタートであっというまに1,2をGET!
しかしながらスタート前にルノーのマシンにはエンジンからのオイルリークが発見されたとかで、とりあえず応急処理をしてエンジン交換なしでスタートしてるので、ややトラブルが気になるところ。
3位にBARのバトンがつけててそのあとにマクラーレンの2台という展開でした。
ミハエルはスタートで出遅れて6位まで落ちてしまいました。
佐藤琢磨もやや出遅れたかんじ。トゥルーリとやりあって一瞬コース外にでてしまいひやっとしましたが無事にコースにもどれてほっ。
その後のレース展開は先頭でハイペースで走るルノーのフィジケラがトラブルでリタイア、アロンソはウォールにヒットしてしまいこれまたリタイア。
そしてバトンもまたウォールにヒットして残念無念のリタイア。
この事故でセーフティーカーが出動したのですが、これがまたトラブルの原因に。
先頭を走っていたモントーヤはセーフティーカーがでたときにいいタイミングでピットインできず、しかもピットイン後レッドシグナルが付いてるのにまえの車を抜いてしまいなんとブラックフラッグがでて失格!
結局トップはライコネン、2位にシューマッハ、そして3位にはなんと予選トラブルで最後尾からスタートのバリチェロがきました。
佐藤琢磨は途中トラブルでピットにはいってリタイアかな、とおもいましたが24ラップおくれで再スタート!次のレースの予選出走順をすこしでもあげる作戦で、結局最後はブレーキトラブルでおわってしまいましたが5つくらいは順位をあげました。
これでルノーははじめてノーポイントにおわり、ミハエルもランキング5位まであがってきてチャンピオンシップが混戦の予感・・・つぎのアメリカGPがたのしみですねー♪

・・・最近仕事が忙しくてなかなかNewPostできませんでしたが、やや楽になってきたのでまたブログ再開です~♪
[PR]

by frontwing | 2005-06-14 07:24 | F1